洗濯洗剤による肌荒れ

洗濯洗剤によるかぶれ

肌のかゆみやかぶれは洗濯洗剤に含まれる「経皮毒」が原因

洗った服なのに、肌がかぶれてしまった経験はないでしょうか?
もしかしたらそのかゆみ・かぶれの原因は洗濯洗剤にあるのかもしれません。

肌が弱い人は、食器用洗剤やボディーソープなどに気をつける方も多いと思いますが、実は衣類に付着した洗濯洗剤がすすぎきれずに残ってしまい、肌荒れの原因になることがあります。
柔軟剤は繊維に残って効果が発揮されるので、赤ちゃんやお肌の弱い方はそれが元でかゆみやかぶれを引き起こしてしまいます。

肌に良くないとされている、洗濯洗剤に含まれている物質【界面活性剤】
いくつか種類はありますが、洗剤公害の原因となったLAS系やABS系などは避けましょう。

●蛍光増白剤 : どの洗濯洗剤に入っていますが、白く見せる効果があり服の表面を覆う成分を含んでいるので肌かぶれの原因に。
●抗菌剤 : お肌になくてはいけない常在菌をやっつけてしまいます。
●柔軟剤 : 界面活性剤が多く含まれており、肌荒れの原因となります。

洗剤を選ぶときに界面活性剤が入っているか入っていないかで決める人が多くいます。インターネットで調べても「界面活性剤を含まないものを選びましょう」「洗浄力が強いが、お肌に良くない」とよく書いてあります。
実は、界面活性剤はいくつか種類があり大きく分けると「非イオン系」「イオン系」に分かれます。
よく「ダメだ!」と言われるのが「イオン系」の界面活性剤です。
洗剤ピアに使用しているのは「非イオン系」の界面活性剤です。

非イオン系

非常に低刺激で、よくおしゃれ着洗いなどに使用されることが多く、静電気が起こりにくく、繊維にダメージを与えず仕上がりが柔らかなのが特徴です。

イオン系

皮膚刺激が強く、石鹸系や合成洗剤などにしようされます。洗浄力が高く繊維などへ吸着しやすく殺菌性があり、仕上がりはごわつくことがあるのが特徴です。

もちろん界面活性剤の中でも「非イオン系」「イオン系」でメリットデメリットはあるかと思います。
洗剤ピアでは天然ヤシ油を使用しており、洗浄力とお肌への優しさが特徴です。
一袋からでも注文可能ですので、まずはお試し頂けたらと思います。